皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現ブログ:2016年03月11日


一週間位前、わたくしは仕事帰りに足が止まりました。
どこからか猫の鳴き声が聞こえてくるのです。

声に引かれて振り向くと、
今歩いてきた道を一匹の猫が横切りました。

少し間隔を置いて、四匹の子猫が整然と並んで、
一生懸命に追いかけて行きました。
まるでカルガモの親子のように…

彼らは、雑草の茂った空き地に入りました。
遠くから見てみると、お母さんの周りで子どもたちがじゃれています。

なんともかわいい!

年甲斐もなく、
「ミャァ〜」と声を出して呼んでしまいました。
でも、産後のせいか、お母さんはやせ細っています。
乳も出ないかもしれない。

「そうだ!何か食べ物を持ってきてやろう」
わたくしは走って家まで帰りました。

台所であちこちを探っていると、
家内に「何をしてるの」と聞かれました。

事情を話したら
家内に怒られてしまいました。

「餌なんかやったら、そこに居ついてしまうでしょ。  
近所の家では、猫が嫌いな人もいるだろうし、   
そういう無責任なかわいがり方をしちゃだめよ!」

そういえば、
わたくしの家の庭でも
猫がふんをして臭くて弱っています…

「でも、あのままじゃ死んじゃうよ〜!!」
いい歳をして、子どものようなことを言っている自分に驚きました。

でも、家内の言うことが正しい。
責任を持って飼うことができない以上、
中途半端な温情は禁物なのです。

そして翌10時。
家内が「一度だけなら」と、
煮干を差し出してくれました。

「わかった、一度だけ」
と答えて、大雨の中を空き地へ走ります。

そこに彼らの姿はありませんでした。
何度も辺りを見渡したのですが…

大雨が強くなってきました。
どこかで雨宿りしていることを祈り、
後ろ髪を引かれつつ家に戻りました。


川元弓子の案内
http://kyusaku.jp/s1586363_1.html

婚約指輪はこちら
http://ddmoon.jp/

シンガポール 美容院
http://michaela.sg/