『彼女と結婚したい』と彼氏が思う瞬間とは?

男性は彼女と交際している中でどういった時に結婚を意識するのでしょうか?

ここでは彼氏が『彼女と結婚したい』と思うきっかけをいくつか紹介していきますので参考にしてくださいね。



子供と楽しそうに遊ぶ彼女の姿を見た時
甥っ子姪っ子や友達の子供などと接する機会があり、その時に赤ちゃんを上手に抱っこしていたり、元気な子供と一緒にはしゃいだり、本を読んであげるなど、子供とうまく接している彼女の姿を見ると『将来二人の間に子供が生まれたら彼女なら上手に子育てができそう』という想像から結婚を意識します。

身近に子供がいなくても、公園で見かけた子供やテレビに映る子供を微笑ましく見ている姿で子供好きな印象を受けると『彼女と結婚したい』と思うきっかけになるようです。



二人の将来をイメージ出来た時
付き合っているからといって必ずしも将来のイメージに彼女が存在しているというわけではありません。『彼女との結婚は特に考えてはいない』と思いながら付き合いを続けている男性もいるのです。

そんな男性でも一緒にスーパーで買い物したり手料理を作ってもらったり部屋にお泊まりに来るなどの結婚をイメージできる過ごし方をすることで『これが日常ならいいな』『この先もずっと彼女が必要だな』などと思えた時は結婚を意識するようです。



家庭的な部分を知った時
結婚には家事が必要不可欠です。結婚相手には家庭的であることを望む男性が多いので、交際中に彼女の部屋が整理整頓されていたり、手料理が美味しかったり、彼女の家庭的な部分を知った時に結婚を意識するようです。家事が苦手だという女性は『これから勉強して得意になりたい』という気持ちを見せるといいでしょう。
家事の他にも、子供好きや、派手なネイルをしないなども家庭的な印象を与えることができるでしょう。



落ち込んでいる気持ちを支えてくれた時
誰にだって元気ではいられない時があります。仕事でミスをしてしまった時や人間関係でうまくいかなかったなど、落ち込んで弱っている時は励ましてくれたりアドバイスをくれたり、なにもしなくてもそっとそばにいてくれるだけでも救われることがあります。それが交際中の彼女であればこれまで以上に深い愛情を抱き『彼女がいればどんな時も安心だ』『この先ずっと彼女と一緒にいたい』などと結婚を意識するようです。



看病をしてくれた時
具合が悪い時や怪我をして誰かのサポートが必要な時に交際中の彼女が看病や身の回りの世話をしてくれたら彼女の大切さを痛感するでしょう。薬を買って来てくれたり、怪我の手当てをしてくれたり、もし彼氏が一人暮らしなら胃腸に負担のない食事を作ってくれたり、栄養のあるものを用意してくれるなど、心配して親身に世話をしてくれている姿を見て彼女の存在をありがたく思います。気持ちが弱い時だけではなくこういった看病なども結婚を意識するきっかけになるようです。



会う時間がなかなか作れない時
仕事が忙しく彼女と会う時間が作れない中、やっと時間が出来ても彼女の都合が合わなくてすれ違うことも。会えない時間が増えることで寂しさや会いたさも増し『仕事から帰った時に彼女が迎えてくれたらな…』『一緒に暮らせたらこんな思いはしなくてすむのに』と思うのです。転勤がきっかけとなって結婚を決めたという夫婦もたくさんいますし、こういった会えない寂しさが結婚を意識させることもあるようです。



自分の理解者でいてくれる時
彼がなにかツラい目にあった時や厳しい状況に置かれた時などに、周りが彼を批判しどんなに責めようとも、彼女だけは信じて味方でいてくれると救われます。また、二人でピンチをむかえた時に一緒に困難に立ち向かってくれたりすることで『俺には彼女しかいない』『彼女だけはわかってくれている』と彼女を健気に思います。このように自分を信じて理解してくれる彼女のことを尊い存在だと感じることによって結婚を意識するようです。



金銭感覚が合うとわかった時
育ってきた環境が違えばお金に対する感覚も人それぞれ違うはずです。車や洋服などの買い方、ギャンブルに対する考え方、旅行プランの立て方、飲食に使う費用など。結婚は生活ですので、収入に見合ったお金の使い方、貯金の仕方があるはずです。金銭感覚が合わないとどちらかは必要なことでももう一方は無駄遣いだと感じてしまうなど感覚にズレが生じます。お金の使い方に安心感を抱ける彼女なら『将来家計を任せられるな』と結婚を考えるようです。



自分の家族や友達と仲良くしている時
どんなに二人の相性が良くても、結婚となれば家族や友達と接する機会がありますので、周りの人たちとも上手に関われることが大事です。人見知りや無愛想、逆に馴れ馴れしいようでは結婚を考えられなくなります。家族と仲良く過ごしている姿をみると『親は彼女を気に入ってるみたいだな』と安心し、彼女が自分の友達と打ち解けて楽しそうに話していると『彼女なら友達と将来家族ぐるみで付き合えそうだな』と想像し、結婚を意識します。



彼女のウエディング姿をイメージした時
彼氏が知人の結婚式に参加した時に不意に『彼女とならこんな雰囲気で、こんな企画で…』と自分たちをイメージしていたり、街中のブライダルショップの前を通った時やテレビなどでウエディングドレスを目にした時に彼女の姿を思い浮かべ『彼女ならこんな感じが似合いそうだな』『きっと綺麗だろうな』などと想像している自分に気づき、結婚を考えるきっかけとなることがあるようです。


『結婚したい』と思われる女性の特徴とは?

結婚の条件として男性はどのようなことを女性に求めているのでしょうか?その特徴を挙げていきますので、自分が当てはまるかチェックして参考にしてみてくださいね。



家事をこなせる
家事の知識は育ってきた環境でも違います。掃除で例えるなら、1日置きに部屋の隅までキッチリ掃除する家庭もあれば、掃除機だけはかけてなんとなく整理整頓できていればいいという家庭もあるでしょう。幼い頃から家事の手伝いをしてきたかどうか、経験やテレビで得た情報などで家事の能力は人それぞれ違うでしょうが、最低限のことは一通りでき、ある程度清潔感を保てることが男性の理想と言えるでしょう。



好みに合う料理を作ってくれる
彼氏の好きな料理や味の好みを色々聞いたり、外で食事する時にどんなメニューを選んでいるかをチェックしてみましょう。それらの料理を美味しく作ってあげられたら一緒になったら毎日美味しい料理が食べられそうというイメージから『結婚したい』と思われるでしょう。お店で出てくるような凝った料理が得意だったとしても彼氏の好みは家庭的な料理かもしれません。料理は上手なだけではなく好みに合うかどうかが重要なのです。



ポジティブ思考
彼氏が元気のないとき、失敗した時に『どうしたらいいの…』とネガティブになってオロオロしてしまう彼女だと頼りなく、『なんとかなる!大丈夫!』とポジティブに励ましてくれて元気をもらえるような彼女の方が一緒にいたいと思うものです。そんな彼女であれば心の支えになり、必要な存在となるでしょう。明るく前向きというのは魅力的で、結婚相手に求める理想の条件なのです。



自立した経済力
結婚後は自分は外で働き、奥さんには家にいてもらうと決めている男性もいますが、それは高収入の家庭なら可能ですが、今は一人の収入で経済的に余裕を持てるような時代ではないので結婚相手に安定した収入や貯金など経済的な自立を求める傾向にあります。子供が生まれるまで働いたり、子育てが落ち着いてから働くなど経済面で協力的だと結婚後も安心のようです。



彼氏を立てる
仲の良い2人だからといって平気でコンプレックスを指摘したり友達の前で彼氏を馬鹿にしているような彼女ではプライドが傷つけられてしまいます。彼氏が歳上であれ歳下であれ、男性である以上『男としてのプライド』はあるものです。普段は彼女の方が引っ張ることが多かったとしても、人前でさりげなく彼氏を褒めたり、大きな決断は彼氏に任せたり、彼氏を立てられる彼女は理想的です。



常識的な振る舞いができる
目上の人への言葉遣いがなってなかったり、挨拶やお礼ができなかったり、店員に対して横柄な態度を取ってみたり、常識的な行動ができないような彼女とは結婚なんて考えられません。将来結婚して子供が生まれ、子育てしていく上で親の言動は大きく影響するものなので、そういった点でもやはり結婚するなら一般的な常識を持ち、マナーを守れることが条件になるでしょう。誰に紹介しても恥ずかしくないような彼女が理想です。



生活リズムが合う
結婚して一緒に暮らすのでしたら、起床や就寝時間、食事の時間、休日の取り方など生活リズムが合う方がいいですよね。日勤と夜勤、土日休みと平日休み、というようにあまりにすれ違いが多ければご飯も寝るのも別々になってしまう可能性があります。一緒に寝て起きて、食事をたのしんだり、休日はお出かけしたり。特に新婚のうちは夫婦の時間を持てるのが理想でしょうから生活リズムは重要です。



女性らしさを失わない
出会った頃は服装もオシャレに可愛らしく気を使っていたのに、付き合いが長くなるとつい手を抜いてラフな格好で会うようになったり、最初はメイクもヘアスタイルも綺麗にして素顔を見せてくれなかったくらいなのに、近頃はすっぴんでも平気で会うようになったり…。心を許すという点では悪いことではないですが、彼氏としては『可愛い私を見てほしい』という彼女のきもちが嬉しかったりするものです。いつまでも女性らしさを意識できる彼女が理想です。



節約上手
結婚したら家計の管理を任せたいと思っている男性は多いと思います。彼女がブランド思考や浪費癖があったり、逆にあまりにケチケチしすぎているタイプも心配です。普段はスーパーの特売で手作り料理を作っていたり、季節の変わり目には衣料品のセールなどで買い物し、たまには贅沢に外食を楽しんだり旅行をするというメリハリをきかせ上手に節約できているタイプは結婚に向いていると思われるでしょう。



目標はプロポーズされること
結婚に対する女性の憧れはやっぱりプロポーズされることではないでしょうか。彼氏に結婚する気があるのかないのか、催促することもできずにじれったい思いをしているのであれば、ただ待つばかりではなく、彼が結婚を意識できるような女性を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です